ラッキーは必ずアンラッキーを伴って…

ラッキーは必ず
アンラッキーを伴ってやってくる。

(ブレイズメス1990、海堂尊)

生きていれば、
ラッキーなこともあるし、
アンラッキーなこともある。

ただ、それは、その時点でのこと。
長い目で見れば、
どっちがどっちか分からない。

もしかしたら、
分からないというよりも、
物事すべてのなかに、
そういうどちらの要素も
含まれているのでしょう。

それだから、面白い。

ずーっとそのままでしか
ありえないとなったら、
敗者復活はないだろうし、

ラッキーとアンラッキーは、
昔選んで一度結果が出たら、
そのままになっちゃう。

そんなことはない。

やっぱり、
ラッキーには
アンラッキーが陰に
潜んでいるし、

同じように、
アンラッキーの陰にも
ラッキーが隠れている。

わたしたちのやるべきことは、
一見してそうだと思うことが、
その後にどうにかして
変わることがないか、
という視点で見つめることだと思う。

うちの次女の成績、
最近著しくダウンしてきた。

うーん、と頭を
抱えているところだが、
逆に考えると、
要領のいい娘だけに
これまでがラッキーすぎたのだ、
と考え直し、今のアンラッキーには、
これからホンモノになるための
「本物のラッキー」が隠れている、
と思い出したところ…

ただ、ラッキーが
這い上がってくるのにも、
成果が出るまで待つという時間を
乗り越えなくちゃいけない。

(参考) ブレイズメス1990(海堂尊)

No.3907


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です