一生なんて、なんかするには短いけど、…

一生なんて、
なんかするには短いけど、
何もせんには、
長過ぎるもんなぁ。

(キャンセルされた街の案内、吉田修一)

一生というもの。
モノサシによっては、
長くも、短くも見える。

10歳の子供のモノサシと、
70歳の方のモノサシは違う。

男と女のモノサシも違う。

公務員のモノサシと、
自由業の方のモノサシも違う。

同じ人でも、
その時々の気分とかで、
長くも、短くもなる人生…

だいたい、人間ってのは、
生きているときには
「今」しか見えない。

そして、
今やっていること、
あるいはやらされていることが、
退屈だと、長く感じる。

一方、
夢中に今をすごしていると、
あっという間に
時間が過ぎていってしまい、
短く感じられる。

夢中になれる毎日を
積み重ねられたら、
と思うのですが、
そうそう簡単に、
夢中になれるくらい
満たされた毎日が続くとは限らない。

最近思うのですが、
心のなかには、
なにか達成するには、
一生というのは短いのですが、

それでも、あえて、
その一生で達成できそうにない、
ちょっと大きな目標を抱くのも
悪くないんじゃないかなって。

それが本心から思えることであれば、
なんらかの形で達成できるんじゃないか、
って思うんですよ。

(参考)キャンセルされた街の案内(吉田修一)

No.4003


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です