せっかく失敗したんだ、…

せっかく失敗したんだ、
生かさなきゃ損だよ。

(働く君に贈る25の言葉、佐々木常夫)

普通列車の旅で、
降りる駅を間違えたとする。

あ、間違えた、
と気づいて、
駅の構内で次の列車を
待っているよりも、

せっかくだから、
駅の外に出て、
その街並みを楽しんでみる
っていうのも、
旅の楽しみ方だと思う。

もしかしたら、
駅前は過疎化していて、
中途半端な街並みだけが
残っている状態かもしれない。

それでも、
何かしら見つかることも
あるだろう。

同じように、失敗から、
できるだけ早く逃れようと、
もがくよりも、

せっかく
失敗したんだからということで、
その周辺を見回してみるのは、
何かしらの収穫になるかもしれないだ。

失敗でも、
もらいものでも、
拾ったものでも、
捨てるようなものでも、
他の人にとっては無価値なものでも、

自分の気づき、考え、
アイデア次第で、
いくらでも活かせる。

ああ、無駄だった、
損した、意味なかった、
と結論づける前に、
「どう活かせるか」
って問えるようになりたいもんだ。

(参考)働く君に贈る25の言葉(佐々木常夫)

No.5561


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です