どんなに素晴らしい夢や…

どんなに素晴らしい夢や
希望を語ったところで、

相手に対して
具体的なメリットを
提示できなければ、
人を動かすことはむずかしい。

(武器としての交渉思考、瀧本哲史)

自分の思いついたアイデアに、
とてもワクワクして
人に話すことがあります。

けれど、
なんだか、
それを聞かせた人の反応は、
いまいちっぽい…

なんで、
こんないいアイデアなのに、
乗ってこないんだ?
と感じます。

たとえ、
いいアイデアだとしても、
人の心を動かすためには、
自分の熱意だけでは
どうしようもないこともある、
と学ぶまで、何度も何度も、
そういうことを感じる経験が
あることでしょう。

学んで初めて、
気づきます。

人を乗せよう、
人を動かそうと考えながら、
バカなことに、
自分の立場や意見を、
ただただ、とくとくと
説明しちゃっていたな、と。

熱意さえあれば、
人を動かせるみたいに、
書いている本があります。

たしかに、
そういう人もいるでしょう。

けれど、ほとんどの場合は、
自分の熱意ばかりが
問題ではないのです。

それだけであるなら、
もっと多くの人々が、
成功感とか、幸福感を
味わっているはずですから。

(参考)武器としての交渉思考(瀧本哲史)

No.5600


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です