解決とは何か…

たとえ微力でも、
できる範囲のことを懸命にやればいい…。

だが、懸命にやったからといって
解決するものでもなく、
むしろ解決とは何かと、
根源的な問いを突きつけられる。

(遭難者の夢、天童荒太)

できれば、
スッキリ解決したい、
と思う。

けれど、
その「スッキリ」というのは、
自分にとってであって、

自分以外の関係者にとって、
スッキリな形かと言われれば、
必ずしもそうとは限らない。

利害関係が、
たくさんの人々にかかわるものだと、
なかなか、解決というものが見えない。

おおげさに言えば、
みんなが100%幸せになる解決策は
存在せずに、
みんなで、不幸を
ちょっとずつ背負う覚悟がない限り、
解決しないってことも多い気がする。

それなのに、
スッキリを求めてばかりいると、
問題の解決がいつまでも長引いて、
ますます、問題が大きくなる。

今の日本の状態も、
なんだか、そんなような気がする。

この総理大臣では、
ここがうまくない…
そして、変えてみる。

すると、また、
不具合は生じる。
今度は、これがダメだ。
また、変えてみる。

予想通り、また、
うまくいかない気がする。
そして、また…

この繰り返しを、いつまで続けるか。
「何を解決とするか」けれど、
「本当に、そんな解決はあるのか」
そんなことを考えさせられる日本社会だ。
そこに、私も生きているんだな。

やっぱり、できることをやるしかない。

(参考)遭難者の夢(天童荒太)

No.5653


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です