勝つこと…

この日本で、
喧嘩で勝つことは
負けることと同義である。

(七つの会議、池井戸潤)

勝つのはいいけど、
勝つことで
敵が増えすぎてしまい、

後々になって、
負けるよりも、
大変なことになる、
ということがある。

また、
勝つことで
調子に乗りすぎて、
その後脱落する、
ということもある。

もちろん、
敵を増やしてでも、
戦わなければいけない
という大切な戦いも
たしかにあるだろう。

しかし、
小さなことから
大きなことまで、
なにが何でも勝ってやる、
という姿勢によって、
思わぬ落とし穴に
ハマってしまうことがあるのは、
事実だろうと思う。

勝つことだけが、
いいこととは限らない。

だからといって、
甘んじて、
負けてばかりいる、
という選択も
賢いとは言いがたい。

日本だけじゃないだろうが、
勝つというのは、時に難しい。
目のつけられない勝ち方、
というのを習得していないと、
勝つことが、命取りに
なりかねないから。

(参考)七つの会議(池井戸潤)

No.5838


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です