何度も痛い目に遭ってれば、…

何度も痛い目に遭ってれば、
世の中には自分一人の力では
どうしようもないことが
あるぐらい、分かるよ。

ただ、そこまでは死ぬ気で頑張る。
そのうちに限界は広がるんだ。

(ラスト・コード、堂場瞬一)

これまで、
パソコンやiPod touchで
使うために、

どれだけ無料(フリー)なアプリや、
ソフトウェアを使ってきたんだろう?

ぜいたくなことを言うようだが、
使えないものもあったし、
ずーっと使っているものもある。

ネット上で
生きている?と、

無料の助けにいっぱい出会って、
それらを無意識に引き出しているから、

助けられていることを、
忘れがちになる気がする。

つまり、
ネットさえあれば、
自分一人で生きていけるような錯覚だ。

「無料」だから。

しかし、
誰の世話にもならないことと、

無料の助けを
無意識に受けていることの間には、
大きな違いがあることだろう。

本当の自立をしているわけじゃない、
ってことだ。

情報化社会から、
情報を引き出す術は、
身につけていても、
何かが足りないのだ。

パソコンやスマートホンの前では、
死ぬ気でがんばるようなことはない。

やっぱり、
現実社会で出くわす、
生死につながっていく事柄が、
人を成長させるんだと思う。

(参考)ラスト・コード(堂場瞬一)

No.5901


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です