好きだと思える人がいると、…

人間って、
淋しいものですよ。

だから、好きだと
思える人がいると、救われる。
生きていてよかったな、
と思えるのです。

(水滸伝 14 爪牙の章、北方謙三)

大学生活4ヶ月目に
入った長女が、

お父さんとお母さんのなれそめは?

とスカイプで尋ねてくる。

どうやら、
ちょっと気になる人が
出てきたようだ。

好きな人がいれば、
気に入られるように意識して、

嫌いな人がいれば、
ケチつけられないように意識して、

いずれにしろ、
他者を意識し始めると、
生活は変わってくる。

だから、
心がつながったと思う時には、
幸せだし、

かみ合わない時には、
「誤解された」と一方的に
思い込んでしまう。

そうなると、
誰を好きになるか、
で人生は変わっていくんだな。

いい人を好きになれますように。

(参考)水滸伝 14 爪牙の章(北方謙三)

No.5978


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です