同じ経験というのは、あるいは、…

同じ経験というのは、あるいは、
この世にはないのではないかと、
気づいたのである。
つまり、わたしの経験と、
彼女の経験は似てはいるがちがう。

何がちがうか。
経験した人の性格、生き方が
ちがうということである。

(丘の上の邂逅、三浦綾子)

わかる、わかるー、
と言われたときに、

話してみればみるほど、
違うんだけどなぁ、
と感じることがあります。

同じように、私も
「その感じ、わかる」
と言っているときに、

けっこうズレているかもしれない、
って思い直したほうがいいんだろう。

自分より若い人の話を聞いて、
「そんな経験なら、俺もある」
みたいなことを言っているうちに、

武勇伝になったり、
結局は説教になったりするのは、
「わかりたい」という気持ちよりも、
他の感情が強いからなんでしょうね。

若い時の「わかる」は、
未来に拓けていく。

けれど、
歳を重ねていく時の「わかる」は、
過去を引き出してるだけの場合も多い。

気をつけないとなぁ。

(参考)丘の上の邂逅(三浦綾子)

No.5979


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です