金を出してもらうということは、…

金を出してもらうということは、
ほんとうは恐ろしいことと
知るべきなのだ。

金は、受け取った人の
自由を束縛する。
金を受け取った人は、
多かれ少なかれ紐付きになる。

(働きたくない者は、食べてはならない、曽野綾子)

誰か、何かに頼るということは、
それが人間から出るものである限り、

その感情に振り回されたり、
欠点やミスに苦しめられたりする。

昨日ニュースになっていた、
緊急地震速報がいい例だ。

実際より大きく発表したらしく、
気象庁にて「お詫び」の会見を
行っていた。

お詫びする姿、というのは、
税金に頼って成り立っている気象庁
だから、そうなのだろうか。

一方、一般人が、
地震の予知などできるはずもなく、
気象庁の発表だけに頼るしかないから、
それに振り回されたりもする。

頼るというのは、
いいことのようで、
そうでない面もある。

そこに、お金が絡むと、
ますます自由が狭められていく。

(参考)働きたくない者は、食べてはならない(曽野綾子)

No.5997


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です