何にだって誰にだって、…

何にだって誰にだって、
月に一度か二度くらいには、

調子が悪くなることもあるし、
物ごとが上手く
運ばないことがあるのだ。

(ねむり、村上春樹)

ちょっとイヤだな、
って思うことは、
たびたび起こる。

けれど、
やらなくちゃいけない、
って思って前進する。

前進してみれば、
だいたいは、
それほど嫌なことじゃない、
ということで終わる。

なんだろうな、人は。

やっぱり、
楽したいんだろう…

できるだけ、
やり慣れたことだけで
人生を過ごしたいんだろう…

でも、そんな人生はないんだよな。

人生いろいろ、
なんでも体験なんだ。

出口のないような体験だって、
しょうがないんだ。

それで行こう。

(参考)ねむり(村上春樹)

No.7002


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です