理屈はあっても良いと思います。…

理屈はあっても良いと思います。
ただ、その理屈が先行して、
理屈によってものを見ようとすると、
もしかすると見誤ることになる、
そういう感じが私はいたします。

(スカル・ブレーカ、森博嗣)

物事には、
法則とか、ルールとか、
理由とか、仕組みがある。

…ことが多い。

そして、
それを見つけるのが、
けっこう楽しい。

「これだ!」
と思ったことにたどり着けば、

「実はこれこれだから、
 こうなるんだよ。」

みたいなことを言いたくなるし、
言った自分は信じたくなる。

しかし、時が経てば、
その理屈から外れるものが
見えてきたりします。

それでも、
自分が見つけたことに
しがみつきたいのが人間。

反対に、
他人から言われたことは、
どこまでも否定したい。

そこで、失敗が生じる。
そして、自分の理屈は正しくなかった、
と学ぶ。

ただ、自分の理屈を抱えて、
ひきこもると、
そういう気づく場面が
なくなってしまう。

かなり残念なことだろうな。

(参考) スカル・ブレーカ(森博嗣)

No.7003


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です