強くないから、…

強くないから、
強いふりをするんでしょ!

(リカーシブル、米澤穂信)

それほど知らないことでも、
知っているふりをして
うなずいていた方が面白い。

テストじゃない限り、
本当に知っているかどうか、
確かめる人も、そういない。

要は、自分の話を
聞いてくれる人がいれば、
いればいいだけだから。

話の内容が分からなくても、
相手のために
分かっているふりをするのは、
善意かもしれないが、

自分の見栄のために
知ったかぶりをするのは、
いつか化けの皮がはがれる。

強いふりをしている人を見たら、
その人につきあってあげたらいい。

何か心に問題があるのだ。
それを突き詰めたところで、
その人がちゃんと向き合って
解決できる能力があるとは限らない。

強いふりをしても意味がない、
と分かるまで、人は成長しない。

(参考)リカーシブル(米澤穂信)

No.7031


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です