きみは誰かに嫌われている。…

きみは誰かに嫌われている。
きみが誰かを嫌っているように。

(悲痛伝、西尾維新)

自分が誰かを嫌っているように、
誰かも自分を嫌っている。

これは、
「だから、嫌っちゃいけない」
ってことじゃないと思う。

なんだか嫌いとか、
なんだか好きというのは、

確固とした感情でなく、
気まぐれな、一時的なものもあるから、

嫌われるんじゃないか?

ということを、
あまり心配しすぎることなく、
こだわる必要もないということだろう。

好き嫌いを
重要だと思うこともあるが、

実際、たいしたことじゃない。

永遠に好きだ、愛する、
と言いながら、しばらくして、
永遠に別れたカップル、夫婦は、
どれだけいることだろう?

好き嫌いの感情を
頼りにしちゃいけない。

変わることも
大いにある感情なのだから。

(参考)悲痛伝(西尾維新)

No.7051


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です