頑張りすぎないで頑張る。…

頑張りすぎないで頑張る。
やっぱこれが大事だよね!

(小説 体脂肪計タニタの社員食堂、田中 大祐)

がんばる理由が、
自分から湧き上がってくる時には、
そんなに苦しくない。

それでも、
そのがんばりがキツくなる時とか、
レベルが出てくる。

やる気と、
やる内容のバランスと
言うのだろうか。

他人に見せるために
がんばっていたことも、

認められて感じる喜びが、
そのキツさを乗り越えるだけの
価値があるなら、
いいかもしれない。

けれども、
がんばっていくなかで、
そのキツさを感じる気持ちも、
ちょっとずつ変わる。

そういうことを、
がんばり始めるスタートで
予測することは難しい。

だからこそ、
がんばり続けられることを
がんばるのがいい。

最初からキツいと思うことは、
長続きすることなどないのだ。

(参考)小説 体脂肪計タニタの社員食堂(田中 大祐)

No.7053


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です