弱みではなく、…

「弱みではなく、
 強みに目を向ける」のを
心がけることで、

「言わなくてもよいこと」を
言ってしまう失敗の多くは
避けられる。

(「で、結局何が言いたいの?」と言われない話し方、金子敦子)

言わなくてもいいことを、
時々というか、
かなりの確率で言ってしまう私だ。

おそらく、
言って気がすむことを
優先しているからだろう。

しかし、
「気がすむ」という結果よりも、

物事が好転する結果を
本気で望んでいるならば、
場合によっては、
別の選択肢もあると気づかされる。

相手の心に残っている、
わずかな「やる気」を
削いでしまっても、しょうがない。

心の持ちようで、
行き詰っているのなら、
それは、言葉のかけ方で
なんとかなる場合もあるのだ。

言葉遊びだと思えばいい。

あいまいな言葉、
ハッキリした言葉、
日本語はいろいろ選べる。

(参考)「で、結局何が言いたいの?」と言われない話し方(金子敦子)

No.7224


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です