延ばすという知恵は大切だ。…

延ばすという知恵は大切だ。
誰かに抗議したくなったら、
明日までメールを送るのを
待ったらいい。
誰かを殴りたくなったら、
この次に会った時にすればいい。

相手をなじる手紙を書いたら、
封をするのは明朝にして、
明日再度よみ返してみるのだ。
すると多分、気持ちは
かなり変わっているだろう。

(謝罪の時代、曽野綾子)

メールの送信ボタン、
あるいは、Facebookやツイッター、
LINEなどの投稿ボタン、
というのは便利です。

一押しで、
あっという間に、
相手に送ったり、

友達とか何人もの人たちに、
伝えたいことが伝えられます。

けれど、その便利さのゆえに、
伝えないほうがよかったことさえ、
瞬時に、相手に届いてしまう。

待つ必要のない時代は、
待つことだけで回避された
様々なトラブルを生み出す。

便利なようで、不便な時代です。

どんな道具、ツールも、
使えない人間は、
使わないほうがいいのでしょう。

(参考)謝罪の時代(曽野綾子)

No.7237


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です