「旅」というのは…

「旅」というのは
不思議な力をもっている。
日常を飛び出して、
ちがう環境に自分自身を
放り投げる。すると、
日常ではできなかったことが、
うまくいくことがある。

環境が変わるだけで、
自分を取り巻いていた壁が
こわれていくことがあるのだ。

(こわせない壁はない、鎌田實)

一つの世界に
深入りしすぎると、

思考も凝り固まって、
何か変化が生じたとき、
対応する力を失ってしまいやすい。

そうならないために、
他の世界を眺めに出かけるのは、
ときに必要だ。

本当に出かけることもあれば、
思考の中だけで、
ちょっと出かけることも
出来るかもしれない。

深入りして、
一つのところにハマりすぎた人生は、
きっと息苦しい。

(参考)こわせない壁はない(鎌田實)

No.7238


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です