怒ってはいけない、…

怒ってはいけない、
人間は生きている限り、
飲んだり食ったり、
愛したり憎んだりすることから
離れるわけにはいかないものだ、

どんなに大きな悲しみも、
いつか忘れてしまうものだし、
だからこそ生きてもゆかれるんだ。

(栄花物語、山本周五郎)

10日ほど前に
降りかかった大変な出来事が、

一昨日あたりから
終結に向かっている感触に
なっている。

その時には、
1ヶ月ほど最善を尽くせば、
なんとかなるだろう…

という心構えをして、
出来る限りのことをしてきたが、
いい意味で、予想外の展開も
あるものです。

どんなに大変なことが起こっても、
くよくよ考えている暇があったら、
とりあえず、出来る限りのことを
していく。

その後の結果は、天にゆだねる。
そういうことが大切なのでしょう。

(参考)栄花物語(山本周五郎)

No.7248


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です