見せかけの損得に…

見せかけの損得に
惑わされてはいけないのです。

遠回りをしている人は、
近道では決して
見ることができない景色を
見ることができます。

(遠回りがいちばん遠くまで行ける、有川真由美)

人に語る言葉
というのは難しいと思います。

それほど親しくない人に話すのも
そうですが、
身近な人間ほど、なおさら、
難しい気がします。

なんていうか、
言葉の裏側まで
知られてしまうようで…

励ましのつもりが、
利用されているようにとられたり、

思い出させるつもりが、
責めているように感じられたり、

ふつうの世間話が、
ご機嫌取りに思われたり、

なんだか、面倒くさいときもあります。

それほど親しくなければ、
距離にも時間にも、
そんなに焦りは出てこないでしょうが、

近ければ近いほど、
もっと分かり合って、
もっと素早く動ける気がしてしまう…

しかし、実際は、
その反対だったりもする。

見る視点を変える必要が
あるんでしょうね。

(参考)遠回りがいちばん遠くまで行ける(有川真由美)

No.7264


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です