1日でできるものが僅かだから、…

1日でできるものが僅かだから、
これを何十倍、何百倍しても
せいぜい知れているだろう、
と考えるのは当然である。

ところが、やってみるとそうでもない。
特に、自分でものを作っていると
それがわかる。
毎日少しずつやっていると、あるとき、
「こんなものが自分に作れたのか」と
驚くことになるのである。

(常識にとらわれない100の講義、森博嗣)

何もやらない前から、
「自分には出来ない」
と思ってしまう人もいれば、

ささいな失敗だけで
「自分はもうダメだ」
と考える人もいる。

その一方で、
何度失敗しても、どれだけ
たくさんの人に迷惑をかけても、
「自分には才能があるんだ」
と思っていられる人もいる。

想像の世界で、
どれだけダメな想像をしても、
どれだけ良いイメージを描いても、

最初の一歩を踏み出すまでは、
何も始まっていない。

とりあえず、一歩進んでみる。
考えるのは、それからでもいい、
っていう時は多い。

(参考)常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

No.7268


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です