ことばがわからなくてもいいの。…

ことばがわからなくてもいいの。
やさしくはなしかけることが
たいせつなのよ。

(てのりゾウのパズー、小泉吉宏)

営業マンをしている時に、
自分の話し方や使っている言葉が
どんなものかを知るために、
レコーダーで録音したことがあった。

そこで分かったのは、
同じことを二度話す癖だった。

考えてみれば、
理由はすぐに分かった。

相手の表情とかを見て、
「あー、伝わっていないかな」
と思うと、二度話してしまうのだ。

しかし、
それが効果あった
わけじゃない。

ある意味、
伝わらない上に、
時間がかかっていただけ。

そんなことに時間を使うのだったら、
相手に、うまい質問をして、
どう理解しているか
聞けばよかったのだ。

そして、それに合わせて、
伝えることを絞り込んでいく。

相手が分かれば、
相手に合わせた言葉も見つけられる。
分からないから、あるいは
分かろうとしないから、
独りよがりの言葉だけが出てくる。

そういうことが分かってくると、
独りよがりの話し方の人も見えてきて、
また気になってくる。不思議なもんだ。

(参考)てのりゾウのパズー(小泉吉宏)

No.7270


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です