出来なくなったことを…

出来なくなったことを
数えるのではなく、
出来るようになったことを
数えていきましょう。
目標は遠くに設定しないで、
出来ることから少しずつ、少しずつ。

(晴れときどき涙雨、高田郁)

限りなく能力があって、
限りなく時間があって、
さらに限りなくお金もあれば、

あそこにも行けるし、
あれもこれもできるし、
あの人やこの人とも
付き合う時間がとれるし、
自分の存在意義を
確かめられる…

もっともっとと思う気持ちは、
なかなか、止められるものでは
ありません。

できることや、
行ったところや、
つながった人の数で、

自分の人生の満足度を
測ろうとしたら、
その数が増えれば増えるほど、
かえって苦しくなることも
あるような気がします。

本当に幸せを感じられるものを
ちゃんと知っておくこと。
そこから、目を離さないこと、
気を散らされないことって
ある意味、才能なんだなって思う。

(参考)晴れときどき涙雨(高田郁)

No.7307


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です