弱点は、実は…

弱点は、実は
「弱点がないこと」

(独走、堂場瞬一)

自分で気づいてしまう
弱点や欠点が多すぎると、
きっと、打ちのめされてしまう。

もしも長い間、
自分には、弱点や欠点が
それほどないと思っていた人間が、

決定的なそれを見つけた時は、
認めたくない心境に
なるかもしれない。

なかには、宝物でも見つけたように
ものすごく喜ぶ人もいるだろうか。

弱点がない人なんて
いないに決まっているが、

それにどれだけの期間
気づかないでいたか。

それが長ければ長いほど、
その弱点の重みは増すと思う。

克服も、なかなか難しいだろう。

弱点とうまく付き合う、
というのは、
自分や他人とうまく付き合う、
ってことにつながっていくから。

私は、きっと下手だな。

(参考)独走(堂場瞬一)

No.7357


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です