才能は、どこに…

才能は、どこに
眠っているかわからない。

(ゼツメツ少年、重松清)

何の役にも立たない、
と思える特技が、
ふとしたことで
「あー、意外と役に立つなー」
と思える場面に出会ったりします。

それは、おそらく、
人についても言えることで、

「役に立たない人」
と思われている人が、
どこでどう役に立つか
分からない可能性は、
いつもあるわけです。

ただ、眠っている間
っていうのは、
判断が難しいから
困ります。

待っていれば
どうにかなるのか。

待っていても
しょうがないのか。

期待していいのか、
あんまり期待しないほうがいいのか。

眠っているものを
起こせる才能が欲しい。

(参考)ゼツメツ少年(重松清)

No.7449


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です