どうせエネルギーを消費するならば、…

どうせエネルギーを消費するならば、
少しでも建設的な方向に
振り向けたほうがよい。

嫌いなはずの人の中に、実は自分が
「うらやましい」と
思っていることがあるのならば、
自分もそれを身につけるように
努力すればよい。
相手の中に、自分の中にもある嫌な点
を見ているのであれば、なんとか、
それを克服するようにすればよい。

(PRESIDENT 2014/11/3号、茂木健一郎)

人を嫌うという感情は、
時に、もったいない行動を
生じさせます。

その人に会わないように、
遠回りをしたり、

その人と関わらなくていいように、
必要でないものを買ったり、

その人をやっつけるために、
不毛の戦いをしたり、

そもそも、そういうことを
頭のなかで一生懸命に
考えたりするので、

頭も体も、忙しくなります。

そのエネルギーを他に回せば、
もっと大きなことが
出来るかもしれないのです。

人生は「嫌い」という感情に
ずーっと付き合っていられるほど、
長くはない。

(参考)PRESIDENT 2014/11/3号

No.7458


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です