信頼を失うのは一瞬、



信頼を失うのは一瞬、取り戻すのは一生

(ひまわりの種は誰が食べた?)

スティーブン・コヴィの著「7つの習慣」に、
信頼残高という表現がある。

私たちは、日々のコミュニケーション、
人間関係において、
その信頼残高を貯めている。

そして、何かしら、
その信頼の点で失敗したりすると、
それが引き出され、残高が減る。

引き出し額が、あまりにも大きいと、
いっきにマイナスになる。
それが、「信頼を失うのは一瞬」の瞬間である。

それをもう一度、貯め直すかどうかは、
その人自身が、相手との関係を
どれだけ必要とするかにかかっている。
もし、必要でないと考えれば、
マイナスの信頼残高のまま放置することだろう。
かなり身勝手なことだが…

一度、そんなことをすると、
マイナスの信頼残高の口座通帳ばかりが、
その人には増えていく…
色んな人との関係において、
同じようなことをするはずだから。

さて、今、少し時間があったら、
大切な人の名前を5人程度あげてみて、
それぞれの信頼残高を考えてみよう。
プラスか、マイナスか…


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です