見かけと違うもの…

わたしたちは
この人生という旅をするときに、
人をあざむくもの、
また見かけと違うものに対する
警戒と用心を怠ってはなりません。

(R・コンラッド・シュルツ)

誰か他人を疑うばかりでなく、
今自分が熱中しているもの、あるいは、
自分が大切にしているものについて、
今一度、考えてみることが大切。

それらが、本物かと。

見かけにとらわれてたり、
一時的な欲に振り回されていたり、
周りに影響されているだけだったり…

そう考えて振り返ってみれば、逆に、
本物だったのに、捨ててしまったものに
気づくことさえあるかもしれない。


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です